猛暑の夏、起こる筈の無い戦争が起こり、流れる筈の無い血が流れる。




「はっはっはっ。さぁ! このボクの胸に飛び込みたまへ、おジョーさん!」

「痛い? 痛いです……か?」

「此度、主に勝利を献上することを宣誓した身である」

「私に力を貸してください。戦わなくちゃいけないんです」

「……………」

「きゃは、殺っちゃえ」

「愚か者め。とうに詰んでおるわ」

「意外と頭固いのね。わたしが、最強よ」

「…諦められるとでも……思ったか」

「このような舞台で不満だけど―――参る」

「フゥゥ………」

「生憎とあんたに用はなくてね」

「良い。貴殿を儂の主と認めよう」

「彼女は美しく、ひたすら尊かった! だから救いたかった!!」

「ならば誇れ。さもなくば彼女に対する侮辱となろう」

「この程度の試練、超えられなくて英雄などとは名乗れまい」

「せいぜい、死に花咲かせますか」



Fate/his scabbard 第二弾『今宵地ノ底デ奏デル狂詩曲』 近日公開予定。



深淵を覗き込むとき―――

TOPに戻る
二次創作TOPに戻る
inserted by FC2 system