趣味パのすゝめ

 趣味パーティ、縮めて趣味パ。
 まず、趣味パの定義から始めましょう。
 「パーティ構成に好みの要素が含まれている」、出来るだけ短く書くとこうなるでしょう。
 好きな技:パーティポケモンの全てが大爆発・自爆を覚えている「自爆パ」。
 好きな属性:パーティポケモンの全てが毒タイプ持ちで構成されている「毒パ」。
 好きな天候:天候「霰」の恩恵を受けて勝つことを目的にしている「霰パ」。
 この他にあまり使用率が高くない種族で構成された「マイナーパ」などがあります。

 特定の天候の恩恵を受けることを目的としている天候パーティ、俗に言う天パは他の趣味パと比べて 「勝ち」を重視しているように見えますが、いずれの天パも構成ポケモンが共通の弱点を持ちやすい という点で、そして助っ人ポケモンがあくまでパーティの弱点を補強するために投入される時点で 趣味パの範疇に入ると考えます。
 そうです。趣味パは弱点があからさまに存在します。
 ひたすら勝ちたいのなら3on3であろうと6on6であろうと弱点が限界まで少なくなるような構成にれすば良いでしょう。
 それは実に困難でしょう。勝つためのパーティに組み込まれるポケモンはある程度育成法がテンプレ化 されているため、対策が練られやすいのです。その裏をかけ尚且つ汎用性を失わない育成が必要になり、 対戦中も読み合いは常に不利になります。有名であろが故に読まれやすいのですから。
 だがしかし、駄菓子菓子。趣味パを組む以上育成についてまわる問題は混迷の度合いを深めます。
 「特定のポケモンに負けず、尚且つ汎用性を失わないパーティ」。
 勝つためのパーティでは「裏をかけ尚且つ汎用性を失わないパーティ」でした。それは既に対等な立場に立っています。
 種族値、特性、技の充実度。そのいずれか或いは複数に富んでいるポケモンは数値上は対戦前は対等なのです。
 最初に誰を出すかはトレーナーの腕であり、パーティの能力には関係ありません。もしくは先発に適した 個体を育て上げるトレーナーの責任でしょう。
 例えばの話、ゲンガーとコイキングではどう足掻いてもコイキングに勝ち目はありません。
 トレーナーの力の与り知らぬ所で既に勝敗は決しているのです。
 ですが、ゲンガーとフーディンでは?
 相性ではほぼ互角です。お互いがお互いへの必殺技を持ち得ます。
 お互いが一撃受ければ堕ちるという点では二体は互角です。
 素早さで勝るフーディンが若干有利でしょうか。
 ではゲンガーが勝とうとしたら?
 一発目を「気合の襷」で耐えてシャドーボールを当てましょうか。フーディンも気合の襷を持っている可能性 を考えて不意打ちでも持たせておけば勝ちの確率はぐんと上がります。
 では汎用性は? 既に技の二つと持ち物とが埋まっています。悪タイプに備えて気合球を覚えさせるのは どうでしょうか。最後の一つは催眠術や妖しい光などの補助技でしょうか。
 これで汎用性も一応確保できたとしましょう。
 一方のフーディンは? ……このように俗に強いとされるポケモンは不利な相手にも勝てる可能性が高い 傾向があると考えます。メタグロスだってコメットパンチと地震と冷凍パンチがあればどんな相手にも、最低でも五分とはいかずとも四分くらいで戦えます。
 つまり、趣味パはその「不利な相手に勝てる可能性」が低いのです。
 だからマゾヒストが作るパーティだとか、その不利な状況において勝つことで己の能力を顕示したい、2ch風 に言うと「俺Tueeeee厨」が作るパーティだとか言われることもあるのです。
 では何故、人は趣味パを作るのでしょうか。

愛故に

 長々と語ってきましたが、「好きなナニカ」で構成されたパーティである以上、好きだから、それ以上 の理由はありません。勝率が低い? それが何だというのです。
 趣味を排したパーティで得る七割の勝率よりも趣味パで掴み取る三割の勝率の方が、 比べ様も無く甘い美酒である。
 私はそう断言します。
 アチャモだってメタグロスに勝てます。但し汎用性は低いです。
 トドゼルガがクレセリア・ヒードラン・レジギガスのタイクーンパーティに勝てます。但し霰が降っていれば、ですが。
 虫だらけのパーティでも伝説がずらっと並んだパーティに勝てます。但し風向き次第ですが。
 但し、の条件付きでしか勝てないパーティですが、そのくらいの条件、満たせずして何の愛だ。
 皮算用だらけの理論を捻り出し、運任せの対戦をして、みっともなく蹴散らされて、三割の勝率をもぎ取れ。
 四割なら尚良い。五割なら笑いが止まらない。六割、七割とくればそれは既にそのパーティには勝利の方程式が 成立していると言える。
 その方程式があると信じて、少しでも近づきたいという誘惑に耐えられず、趣味パ使いは今日も強者に押しつぶされにいくのでしょう。

最後にもう一言。

こっちの水は甘いぞ?

戻る

inserted by FC2 system